上手に利用して業績アップ!営業代行サービスの概要と魅力をご紹介

クライアントの営業アウトソースを手助けします

魅力的な商品を持っているのに営業ノウハウを持ち合せていなかったり、営業基盤はあるものの人材に乏しいクライアントなどに代わって、営業活動の一部ないし全てを行うサービスのことを、営業代行と言います。いわば、営業のアウトソーシングサービスと考えれば分かりやすいでしょう。一口に営業代行といっても、業者によって得意分野は様々。単純にテレアポだけを代行する業者もあれば、営業ノウハウ全てを包括的に提供する業者もあります。近年は、人手不足が原因で営業活動を満足に行えない企業が増えており、営業代行サービスのニーズは年々増えています。

営業代行の種類を知ろう

営業代行は全部で4種類ありますが、このうち最も業者数が多いのは営業支援タイプです。テレアポ代行が代表例で、見込み顧客への接触行為だけを請負うことが特徴。接触後はクライアントが自ら動く必要があります。もうひとつは成果報酬タイプで、文字通り成果が発生した場合に費用が発生する仕組みです。成果と言っても様々で、契約獲得ではなく単なるアポイント獲得でもOKなケースもあります。この他に営業マン派遣タイプや、営業組織そのものを立ち上げるタイプがあります。適切なタイプの業者を選ぶことで、業績アップは間違いないでしょう。

営業をアウトソースする際のポイント

代行業者に営業をアウトソースする際は、まず基本となる営業戦略を明瞭にしておきましょう。戦略がはっきりしていなければ、業者との戦術すりあわせが上手くいかないからです。そもそも営業代行を利用するに相応しい製品を持っているか、改めて考え直すことも大切。どれだけ優秀な業者でも、肝心の製品に魅力がなければ営業しようがないからです。どの部分をアウトソースすべきなのか、具体的に検討することも必要不可欠。その点を明確にすることで、業者を絞り込みやすくなります。

契約を締結できたときに報酬を支払うだけでいい営業代行サービスは、成果報酬タイプに属します。利用者にとってメリットが大きい反面、扱う商品に魅力がないと依頼を断られる場合があります。