営業成績がいまいちなら、eラーニングを利用して自分を変えてみよう!

セミナーの開き方を学ぶ

顧客に自社商品を紹介するとき、電話でアポを取ったり飛び込み営業をすることがあるかもしれません。興味があるか無いかわからい人たちに売り込んでも、なかなか応対してもらえないでしょう。セミナーなどを開催すれば、興味のある人を集められます。その中から顧客を見つけられるかもしれません。これまであまりセミナーなどを開催したことがないのであれば、eラーニングでセミナーの開き方を学んでみましょう。顧客獲得につながる可能性があります。

魅力あるDMの作成方法を取得する

商品の紹介、イベントの案内をするときにDMを出すことがあります。それに対して反応があればよいDMであることがわかりますし、あまりよくなければいまいちなのでしょう。これでは顧客もなかなかつかめません。eラニングによって、魅力あるDMやチラシの作成方法を学んでみましょう。何を伝えたいのか、どのように強調すればよいのかは顧客の心理にならないといけません。これは売り手目線ではわかりにくいです。プロの作成方法を習得するようにしましょう。

テレアポの取り方に問題があるとき

営業成績がいい人は、テレアポをしっかり取れます。ですから常に営業案件を抱えています。テレアポが苦手な人は、効率の悪い方法でアプローチすることになります。テレアポの専門会社があるくらいテレアポには技術があります。技術を得ることで、顧客へのアプローチがしやすくなることもあります。eラーニングでは、テレアポの取り方、対応の仕方などが学べるコースがあります。どんな話から切り出すのか、NGワードなどが無いかなどを知っておくとよいかもしれません。

eラーニングとは、インターネットやマルチメディアなどの電子媒体を利用した教育システムのことです。パソコンを利用した学習を指します。