片付けは荷造りがポイント!業者サービスと自分での荷造り!

全てお任せするサービスを利用する

引越しの時、荷造りは必要にかられて行えます。転勤などが決まれば引越しせざるをえません。期限なども決まっているので、無理やりにでも行えます。問題は引越し先に着いてからの片付けです。生活をするためには必要ですが、こちらは特に期限がありません。いつまでに終わらせるなどがないので、段ボールを積んだままになりがちです。せっかく新しい場所に住むのに、住みにくい状態にあるのはもったいないです。片付けるのがあまり得意でない場合、すべてお任せするサービスを利用してみましょう。荷造りと荷解き、配置などをすべて行ってもらえます。業者が返る時には、すべて片付いた状態にしてもらえます。料金は高くなりますが、新居で気分よく暮らせます。

荷造りの時に段ボールに番号をつける

引越しでは荷造りをします。段ボールに入れていきますが、この時は中身を書くでしょう。衣類、食器、本などです。細かくは書かないので、衣類でもどんな衣類かがわかりません。そのためにいろいろな段ボールを開いてしまい、なかなか片付けられない場合があります。そこで荷造りの時に工夫をします。中身や運び込む部屋を書くのと同時に、荷造り時の番号をつけておきます。荷造りの鉄則として、使わない物から行うとされます。最初に荷造りをしたものから1、2と番号をつけるなら、数字の大きいものからどんどん荷解きをします。つまりは使うものから荷解きができます。不要な荷物を開けないので片付けやすくなります。いらないものを出さないので散らかりません。

不用品の回収では、大量の不用品にも対応しているため、大掃除や模様替え、引っ越しなど、幅広いシーンにおいて役立ちます。