保管するだけじゃない!?倉庫内の環境を整える重要性

商品を保管している倉庫

倉庫は物を保管する場所として使用されることが多いです。保管されるものも必要な時に使用できるような状態を保たれることが必要です。例えば卸売業を営んでいる企業が小売店からの注文が来るまでの間、商品を保管しておく場所として倉庫を利用することも多いです。注文が来たら直ぐにお店に届けることができるように、販売できる姿で保管することが必要です。そのため倉庫内の環境も整えておくことが必要になります。

倉庫内の環境を整える

倉庫内の湿度が高ければ、商品の箱が湿気で破れたり破損することになります。大きな窓があると太陽光によってパッケージが日焼けしてしまうことがあります。そのような状態になると商品を販売することができなくなります。商品価値がなくなることはその企業の損失にも繋がります。そのため倉庫では温度や湿度等を慎重におこないます。大きな倉庫内にいくつものエアコン等が設置されていて温度湿度の管理が一日に何度もおこなわれます。当然綿ゴミ等も発生するために毎日倉庫内の掃除もおこないます。

直ぐに発送できる体制

また小売店から注文があった時に、直ぐに商品を発送できるような体制を取っておく必要があります。注文が入ったら商品を直ぐにピッキングして発送できるようなシステムの導入や人員の教育と配置をしておくことが必要になりますし、商品を発送する運送会社との連携も必要になります。そのため多くのパートを採用してシフトを組んでおき、24時間体制で対応している倉庫も多くあります。

物流とは、商品を生産者から消費者に届けるためのものです。今の世の中には欠かせない存在となっています。