知ってますか?印刷には幾つかの方法がある事を

オフセット印刷はカタログなどの印刷物に最適

印刷の方法の一つにオフセット印刷があります。名前だけは聞いた事があると言う人は多いかと思われますが、オフセット印刷はダイレクトに紙に印刷を行うのではなく、一度ブランケットと言われているローラーに版を写し、それを紙に転写を行う印刷方法です。直接紙に印刷するよりも、印刷の版が摩耗しない、綺麗に印刷が出来るなどからも、製品カタログなどの印刷物で利用される方法です。オフセット印刷の場合、刷版と言われている版を製作する必要があります。印刷の工程に入るまでは、版下製作、製版処理、そして印刷と言う工程があります。版下と言うのは、版の元となるもので、版下を製作した後に、フィルムを撮影、それを刷版に焼き付けると言う製版工程が必要になるのが特徴です。

オンデマンド印刷は版を使わない印刷方式

最近注目を集めている印刷の方法にオンデマンド印刷があります。オフセット印刷と同じように、名前だけは聞いた事があると言う人は多いのではないでしょうか。オフセット印刷とオンデマンド印刷の大きな違いは刷版の有無にあります。オフセット印刷の場合は、版にインキをつける、それをゴム製のブランケットに版を写し、ローラーについている文字や写真などの画像を紙に転写する方法で印刷が行われます。オンデマンド印刷の場合は、刷版を製作する事なく、パソコンからプリンターに印刷するのと同じような感覚で印刷が出来る方法です。製版工程が要らないので印刷納期が短くなる、工程が減る事で印刷のコストが安くなると言う2つのメリットを持っています。

封筒印刷の際、紙を厚く、また高品質のものにしたり、フルカラー印字したり、形やサイズをオーダーしたり、窓をつけたりすると、コストが大きくなります。