営業代行会社を使うなら成果報酬型の契約がおすすめ!

成果報酬型の契約なら損をしにくい

営業代行会社の多くが、成果報酬型の契約を取り揃えています。これは、たとえばアポイントメントが一件取れたなら、それに対してお金を支払えばいいということです。アポイントメントが取れなかった電話分について、支払いの義務は発生しません。営業というのは、不確実なものです。成果が出るときもあれば、出ないときもあって当然です。まったく成果が出ていないのに報酬を支払いたくない人は、成果報酬型の契約を選ぶといいですね。これなら、結果が出なかった月の支払いはゼロになります。

固定報酬型の契約にもメリットはある

成果報酬型の契約が便利なのは理解ができたことでしょう。では、固定報酬型の契約にメリットがないのかと言えば、実はそんなこともないのです。固定報酬型の契約では、成果報酬型の契約にはない付加価値が付けられていることが多いです。その一つが、マーケティング機能でしょう。営業代行会社の行った行動を、共有して分析することができます。今後どのようにしていけばいいかを共同で話し合って、ベストな方針を決めていけます。つまり、固定報酬型の契約では、営業代行会社が自社の営業無門のようになるわけですね。勝手に代行会社が動くのではなくて、仕事を一緒に進めていくこととなります。詳しい相談もできますし、指示も出すことができます。

ケースバイケースで契約タイプは決めていくのがベスト

たとえばアポイントを取るだけの仕事なら、成果報酬スタイルで依頼をしてもいいかもしれません。失敗をしたところは捨てて行けばいいわけですし、それで何の問題もありません。ですが、マーケティング等を含めて営業全体を任せる場合には、固定報酬型のほうが色々と便利です。要は、ケースバイケースでベストな方法を選択していけばいいということです。

一口に営業代行サービスといっても業者によって得意分野は全く違います。テレアポ代行を専門とする業者もあれば、訪問営業が得意な業者もあるため、ジャンルの不一致には気を付けましょう。